Book3:Chapter

三巻目The Accession of Alexius and Interfamily Power Struggles アレクシオスの即位と一門の争い



各章の内容
Part1 戦後処理1 Part7 決起3
Part2 戦後処理2 Part8 決起4
Part3 反乱前夜3 Part9 決起5
Part4 反乱前夜4 Part10 入城1
Part5 決起1 Part11 入城2
part6 決起2 Part12 入城3

 登場人物


アレクシオス:アレクシオス1世コムネノス 三男 兄より優れた弟

イサキオス:アレクシオスの兄 次男

アンナ・ダラッセナ:アレクシオス、イサキオスの母親、ドゥーカス家と仲が悪い

ヨハネス・ドゥーカス:コンスタンティヌス10世の弟、カエサルの爵位を持つ。

ボタネイアテス:アレクシオスの反乱時、ビザンツの皇帝

アラニアのマリア:皇后 アラン族の出 前夫はミカエル7世ドゥーカス

ブルガリアのマリア:アンドロニコス・ドゥーカスの妻。アレクシオスの妻、エイレーネーの母

ゲオルギオス・パレオロゴス: 妻がエイレーネーの姉妹にあたり、アレクシオスの義弟になる。

ニケフォロス・メリッセヌス:1081年に小アジアで反乱を起こす。アレクシオスの反乱時には現在のユスキュダルに布陣して、首都を牽制していた。

  • 最終更新:2013-04-14 22:43:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード